ta2℃



2018年7月4日(水)

 私が脚本を担当したアニメーション映画「あるゾンビ少女の災難」、本日よりデジタル配信開始です。
 
 配信サービスメディアは以下になります。
 ひかりTV/J:COM/auビデオパス/ビデオマーケット/DMM.com/TSUTAYA TV/GYAO!/ストア/U-NEXT/PlayStation Store/Google Play/iTunes/Rakuten TV/ニコニコ/dアニメストア/Amazon
 
 そこはかとなく昭和OVAチックな香りのする仕上がりになっています。流行りに媚びない映像表現と丁寧な作画が素敵です。
 スプラッタ描写もイマドキのセンサーシップ感覚からすると振り切っています。
 現在TVで活躍しているアニメーターさんに発注しようと説明したら、「そんなグロい画、描けません」と断られたりしたそうで。
 
 ソフト化は現在未定なので、興味のある方は配信でご覧くださいませ。
 物を食べながら観ない方が良いと思います(笑)。

 「あるゾンビ少女の災難」オフィシャルサイト
 


2018年5月12日(土)

 サンライズフェスティバルに登壇します。
 作品は、「獣戦士ガルキーバ」。
 上映の4本もセレクトさせていただきました。

 セレクトのため、実に23年ぶりに全話を観ました。
 いろいろと、本当にいろいろと思い出しましたね(笑)。
 大変だったなぁ、この作品は。
 企画〜スタッフィングは超難航、富野由悠季さんのおかげでやっと制作がスムーズに転がり始めるも、阪神大震災で内容を大幅変更せざるをえなくなり、放送にあわせて発売予定だったバンダイの機甲神獣の玩具も上手く開発が進まず、1話放映日に玩具企画班が解散、それでも1年予定で制作を続け、ぎりぎりまで粘ったものの結局半年打ち切りが決まって……。
 そんな、スタッフ以外誰にも話せなかったガルキの裏側を、20年以上経ったことですので、当日、マルッとぶっちゃけてファンの皆さんにお話ししちゃおうと思っています。
 お楽しみに。

 サンライズフェスティバル2018「獣戦士ガルキーバ」オフィシャルページ
 


2018年4月24日(火)

 7年前に脚本を書いた作品が、ついに公開になります。
 スプラッタホラーなので、そのテが大丈夫な方限定になりますが、数々の苦難を乗り越えて完成させた、岩本プロデューサー執念の一作。是非ご覧になってください。

 「あるゾンビ少女憂鬱」オフィシャルサイト
 


2018年1月1日(日)




 あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いいたします。

 昨年は人生セカンドステージ、スタート。
 映画学校の脚本講師として、己を見つめ直し、充実した1年を過ごしました。
 一方では、念願だった劇伴作曲家としてもデビューできました。
 継続は力なり。そして素晴らしい人々との出会いと縁に感謝です。
 今年はさらなる広がりを導くべく、奢ることなく地道に己を磨き、精進します。


 

back to page top↑