金巻兼一の音楽活動



本人による
金巻兼一の音楽活動

(2015年09月16日更新)



 

《CONTENTS》













〈 音楽歴 〉


初めて買ってもらったレコードは、ピンキーとキラーズの「恋の季節」。当時同居していた叔母が買ってくれた。その叔母、当時は大学生だった。
小学校に上がった頃、オルガンを習わされる。音は好きだったがレッスンが肌に合わなくて、2週間で終了。この頃から強制されるのが苦手だった。
小学5年の時、成城警察署交通少年団というマーチングバンドに入り、そこでトランペットを吹く。これがキッカケでビッグバンドジャズを聴くようになる。
中学の入学祝いにYAMAHAの一番安いフォークギターを買い与えられる。でも、当時はつまびく程度。楽器よりも機械いじりにご執心だったため。音楽はかなり積極的に聴いていて、洋楽はロック・ジャズ・クラシックなんでも。特に好きだったのは、Carpenters。邦楽も歌謡曲から演歌までなんでもござれ。あとは、当時流行っていた刑事ドラマの影響で、和洋問わずサウンドトラックを聴きまくっていた。現在のビジュアル音楽志向はここから始まったっぽい。
ギターに本気でのめりこんだのは、高校1年。クラスの高慢ちきなやつが、買ったばかりのMORRISの最高級フォークギターを持ってきて、これみよがしにアリスの曲を弾いているのを見て。
高校2年、KISSとRollingStonesに出会い、各々のコピーバンドに参加する。KISSバンドではベース、Stonesバンドではボーカルとサイドギターを担当。その後、渡辺貞夫コピーバンドにベースで呼ばれたり、StyxコピーバンドやらJimiHendrixコピーバンドにボーカル&ギターで呼ばれたりした。でも、学園祭ではどのバンドも審査を通らず、結局オリジナル曲を歌うフォークバンド“KAKO”で出演。KAKOは、その後何度か、区民ホールを借りたりしてライヴを演った。
大学時代は、Styxバンドの残党でスタジオにて音を出すだけの趣味バンドを組むが、ギター2本とベースだったので、金巻は渋々ドラムにコンバート。でも怪我の功名で、リズムの面白さに目覚める。大学3年には、当時から機材マニアだった明道卯月こと松下俊彦の協力を得て、まだ珍しかった打ち込みを駆使してバックトラックを作り、一人で音楽コンテストに参加、ライヴ審査まで行って、ギターレスのカラオケをバックにボーカル&ギター演奏をするが、作曲ポイントはクリアするもライヴポイントで落とされる。当たり前だっつーの(^^;;;
卒業後、脚本家としてデビューしたため、脚本家業に専念、10年ほど音楽活動を休止、脚本家としてイッパシになった頃、ラジオ番組で千葉千恵巳と出会い、「ゆら」を結成。活動を本格的に再開、現在に至る。
以下は、活動再開後の記録でござんす。







【セッション】



「tough」 2002
作編曲/中川孝◇歌/unknown(影山ヒロノブ系の新人さん)
※OVA「高校鉄拳伝タフ3」の挿入歌。金巻は監督の西本由紀夫に呼ばれ、ギターで参加、バッキングとリードを弾く。レインボーな曲で面白かった。



「雨のノスタルジア」 2004
作詞・作曲/中川孝◇編曲/内田歩◇歌/松来未祐
※CDドラマ「16」の挿入歌。エゴ・ラッピン風のブルース・バラードに、ギターで参加。アダルトな曲調に、松来嬢のかわいらしい声が妙にフィットしていて気持ちいい仕上がり。



「デスティニー」 2004
作詞・作曲/中川孝◇編曲/内田歩◇歌/藤谷智恵
※同じくCDドラマ「16」の挿入歌。こちらはドライブ感のあるシャッフル曲。ギターで参加。それにしても藤谷嬢、歌ウマい! レコーディング・スタッフがみんな驚いた。この子は売れなくちゃいけない。



「甲賀忍法帖バジリスク」 2005
作曲/中川孝
※TVアニメーションのサウンドトラック。ギターとベースで参加。重厚な弦楽やお経が延々繰り返されたりする数曲の音源素材に、自宅スタジオにてヘヴィメタルなリフやらソロやらを数パターン重ね録り。どれをどう使うかは中川さんにお任せ。



「グータンヌーボ」 2009
作曲/蔵屋智久
※フジテレビのトークバラエティ。リニューアルに伴い、新作されたオープニングテーマにて、ギター参加。オーダーを受け、ヘヴィメタルなリフやらソロやらを弾いた。





「後ろから前から」 2010
作曲/佐瀬寿一◇作詞/荒木とよひさ◇編曲/中川孝◇歌/宮内知美
※にっかつロマンポルノ復活第1弾の主題歌。ギターパートを担当。曲は勿論かの畑中葉子によるヒット曲。



「日本分断 HELL DRIVER」 2010
監督/西村喜廣◇作編曲/中川孝
※新春公開予定のスプラッタホラー作品。メタルやらサーフロックやら、10数曲にてギターを弾かせていただきました。



「富江アンリミテッド」 2011
監督/井口昇◇作編曲/中川孝
※来春公開予定のホラー作品。サントラ、そして主題歌にてギターを弾かせていただきました。



演劇集団・円公演「こどもミュージカル 宝島」 2011
脚色/寺山修司◇演出/平光琢也◇作編曲/中川孝
※こども向けミュージカル。でも中川さんの曲は全然こども向けじゃなくてロックしてます(笑)。今回は20曲近い楽曲のほぼ全曲でギターを弾かせていただきました。メタル魂炸裂(爆)。



「ジャスティーン」 2012
監督/西本由紀夫◇作編曲/中川孝
※AIC企画製作のオリジナル・ロボット・アニメ。サントラと主題歌でギターを弾かせていただきました。主題歌ではかなりフィーチャーしていただいたので、唸るメタルギターが聞けますデス(^_^)v



「忍者 虎影」 2015
監督/西村喜廣◇作編曲/中川孝
※西村監督によるオリジナル忍者アクション作品。サントラでギターを弾かせていただきました。



「蠱毒 ミートボールマシン」 2016
監督/西村喜廣◇作編曲/中川孝
※西村監督によるスプラッタホラー作品。サントラでギターを弾かせていただきました。超メタルからウェスタン、変態系ギターまで(笑)。


 

↑《CONTENTS》へ戻る




【劇伴/作曲・編曲・演奏



ドラマCD「ウチの嫁はどうでしょう?」 2015
※福満しげゆき原作。劇伴を丸ごとやらせていただきました。メディア系では初仕事になります。昭和なホームドラマなので、往年の「天才バカボン」「ど根性ガエル」などのBGMを意識して、メロディは懐かしめ、でもベースはテクノポップなビョンビョンシンセにしてみたり、インドの祈祷師のサンプリング音源を色添えにいれてみたりしました。原作者先生も喜んでくださったとのことで、嬉しい限りです。


東京桜組「夢ときどき晴れ。」 2002
作/金巻兼一・佐藤勝一◇演出/飯田浩志・下田正美◇音楽/金巻兼一・中澤秋人
※トータルコンセプトを踏まえて作編曲。ラストに流れるオリジナル主題歌を「ゆら」名義で千葉千恵巳が歌い、色合いとして欲しかったアコースティックギター曲を中澤秋人に書いてもらった。サウンドディレクションは明道卯月こと松下俊彦。



東京桜組「想い出色の輪舞」 2002
作/金巻兼一◇演出/下田正美◇音楽/金巻兼一・中澤秋人
※前回に同じ。ラストのオリジナル主題歌を「ゆら」名義で千葉千恵巳が歌い、アコースティックギター曲は中澤秋人が書き、サウンドディレクションは松下俊彦。劇中ヒーロー企画「タマヤ3」のメインテーマは、作曲家・田頭勉さんの紹介で、プロトランペッター・鳥越洋さんに吹いていただいた。



演劇企画K-GUN「曲がり角の悲劇」 2003
作/横内謙介◇演出/寺崎正信◇音楽/金巻兼一
※初の音楽のみの参加。自宅スタジオに導入したProToolsを駆使して作編曲。作品を踏まえ、エスニックでノスタルジックに仕上げてみた。サウンドディレクションも自分で。



劇団Dark Moon「The Spell on the doll 〜もうひとつの扉」 2003
作/千葉千恵巳◇演出/天野暦◇音楽/金巻兼一
※音楽のみの参加。某国営放送局製幼児番組的な曲が書けて楽しかった(^_^)



演劇企画K-GUN「FREEBIRD 〜ジュークボックスの追憶」 2003
作/金巻兼一◇演出/下田正美◇音楽/金巻兼一
※コンセプトは、70'Sと基地の町という物語舞台に合わせてジャズ。スキャットによる主題歌を渡辺明乃嬢に歌ってもらった。



おしばい軍団もずくぁんず「愛故に ら・るる」 2004
作/金巻兼一◇演出/下田正美◇音楽/金巻兼一
※コンセプトは、エレクトリカルなワールドミュージック。経験ふまえてだんだんスキルアップしてきてる感じ。劇中曲で、千葉千恵巳嬢がスキャットを歌ってくれた。



おしばい軍団もずくぁんず「白のカノン」 2005
作/岩本憲嗣◇演出/下田正美◇音楽/金巻兼一
※音楽のみの参加。ピアノのカノンがキーワードになっているので、ピアノを多用。おかげで上手くなった(笑)。でもミックスは気に入ってない。もう少し時間かけたかったなぁ。



WEBラジオ「ゆかじゅん飼育部」 2008
出演/岡田純子&相本結香◇音楽/金巻兼一
※メインテーマやらBGMやらアイキャッチやら、番組の音楽全般を担当。現在、配信中。メインテーマは、歌をいずれ載せる予定なので、カラオケ的な感じ。本当に作るのか、予定のまま終わるのかは流れ次第(笑)。





TVアニメ「薬師寺涼子の怪奇事件簿」 2009
監督/岩崎太郎◇シリーズ構成/川崎ヒロユキ
※DVD最終巻収録の14話にて登場する劇中作品「12日の木曜日」の、オープニングテーマとバトルテーマを作曲。オープニングはミステリーゾーン的なものながら少し和風な感じで。バトルは一聴しておわかりの通り、伊福部昭先生へのオマージュ。でもそれだけではつまらないので、展開部は宮川泰先生へのオマージュになっていたりします。2曲とも、MIDIなしで、すべて手弾き。微妙な譜割りのズレがアナログっぽくてよい感じになったかと。



 

↑《CONTENTS》へ戻る




【歌モノ作曲】



「風になるとき」 1993
作詞・作曲/金巻兼一◇編曲/米光亮◇歌/折笠愛・南央美・島田敏
※TVアニメーション「元気爆発ガンバルガー」の歌ものCDアルバム『歌は綴るよ!』のラストに収録。バリー・マニロウを意識して作ってみた、旅立ちのバラード。音楽活動休止中に書いた唯一の曲。ちなみに、物書きという職業柄、作詞は結構継続的にやっていた。



「さくらうた」 2006
作詞・作曲/金巻兼一◇歌/能登麻美子
※TVアニメーション「地獄少女」の劇中歌。「地獄少女サウンドトラックII」収録。架空の土地に伝わる童謡でして、童謡というのはとにかくメロがありきたりでなくてはイケナイ。作曲家さんにお願いすると綺麗なオリジナルメロになってしまうので、ワタクシめが失礼ながら書かせていただいた次第であります。で、劇中だけかと思ったらCDにも収録されるなんて話になって、びっくりなわけです(^^;;;



「アミーゴタコスのうた」 2007
作詞・作曲/金巻兼一
※TVアニメーション「エル・カザド」の劇中に登場する、タコス屋のイメージソング。上記「さくらうた」と似たような状況から、わたくしめが書くことになりました。コンセプトは、ファミリー向けで、耳についたら離れないメロディ。うまいことできたのではないかと思いますデス。
歌詞は……、♪タコ、タコ、タ〜コ〜ス、おいしいタコス、イケてるタコスはアミ〜ゴタコス、えへ。
『アニメロミックス』にて、着ボイス配信されました。ナディver.とエリスver.の2種類。



「夏のエンジェル」 2008
「ふたりだけの珊瑚礁」 2008
作曲・編曲・演奏/金巻兼一◇作詞/川崎ヒロユキ
※TVアニメーション「地獄少女 三鼎」第3話の主役、人気アイドル歌手/森山ジュンが歌うアイドルソング。わたなべひろし監督のオーダーで、70年代後期〜80年代前半風。劇中曲なので、1コーラスのみ。
歌は、ジュン役の高垣彩陽嬢。声楽科出身だそうで、かわいいながらも、実にしっかりとした歌に仕上がりました。そして高垣嬢、テイク1からメロディ完璧。さすが。
この2曲は、『「レコ直♪絶対!アニメ」』にて、着うた配信された。





「アミーゴタコスのうた」 2011
作詞・作曲・編曲/金巻兼一
※清水愛さんのオファーで、彼女のアルバム「Meteoroid」の初回特典封入ディスクに収録。
フルバージョンということで、メロディも新たに書き足して、アレンジはメキシコの街角にいた楽隊を連れてきました的なイメージで編曲。そちらをゴージャスバージョンとし、テレビと同じメロにリズムボックスを被せたシンプルバージョンもシークレットトラックで入れてもらった。
ちなみに、シンプルバージョンで使ったリズムボックス音源は、昭和を知る人には涙もん、エーストーンをサンプリングしたものです(笑)。

 

↑《CONTENTS》へ戻る




【歌モノ編曲】



「あなたのハートに はきゅん!どきゅん!」 2004
作詞・作曲/中川孝◇歌/松来未祐
※楽しくキレてるアイドルソング(笑)。ノレて叫べる感じにアレンジ。最近はやりのチャカポコしたサウンドは好きじゃないんで、オケはぶ厚い。“雄叫び部隊”で、役者3人衆(前野強・羽生和広・遠藤祐生)も参加。シングルとして販売。現在は廃盤。初音ミク版がある(らしい)。






「A Little Bit Harder」 2004
作詞・作曲/中川孝◇歌/藤谷智恵
※ジャニスっぽい曲だったので、70’sなハードロックにアレンジしてみた。おかげで、オルガンがうまくなった(笑)。発売は……されたんだろうか(^^;;;?

 

↑《CONTENTS》へ戻る




【バンド】



ta2℃
メンバー:金巻兼一(Vo&G),阿部貴一(B),板橋徹(ds)
※2003年結成。満を持しての金巻メインボーカルバンド。“大人のロック”がコンセプト。デビューライヴは2003年7月。現在メインで活動中。ちなみに、“たつどし”と読みます(笑)。

ゆら
メンバー:千葉千恵巳(Vo),金巻兼一(G),阿部貴一(B),板橋徹(ds)
※1996年、ラジオ番組「ラジオ声優グランプリ」に構成作家として参加していた際、パーソナリティとして出演していた千葉千恵巳と意気投合、当時互いに好んで聞いていたワールドミュージックをベースとしたポップロックをコンセプトにバンド結成。デビューライヴは翌年2月。現在、定期的な活動はしていないが、千葉の一言でいつ動くかわからない(笑)。

アル・ルカン
メンバー:成田紗矢香(Vo),金巻兼一(G),阿部貴一(B),板橋徹(ds)
※1999年、ゆらの1stアルバムレコーディング中に、活発に活動できるバンドを組みたくて、成田を口説き落とし、結成。70'sロックの香りがするハードロック。デビューライヴは翌年11月。現在、活動休止中。




バンドの詳細情報&サウンド視聴は、ホームページにて。







……and To Be Continued


 

↑《CONTENTS》へ戻る↑




 

波瀾万丈!「金巻兼一のきまぐれ日記」へJUMP!

ぎんがみ
↑オフィス:ぎんがみへ戻る↑