(^o^)/チャーリーさんちのガレージ(^o^)/



ミー坊と私
……あ、後ろの皆さんは違います(笑)。


mini “RENAULT Laguna”

車長4580mm×車幅1790mm×車高1430mm
2940cc オデッセイブルー 5AT


欧米では“Laguna2”と称される2代目ラグナ。
写真ではボディ色の美しさが上手く出ていませんが、実車は目に鮮やかな美青メタです。
乗り心地はまさにフレンチサルーン。ゆったりしっかりしていて、長時間でも疲れず快適。素晴らしい。

back interior



mini “PEUGEOT 207 Cielo”

車長4045mm×車幅1750mm×車高1470mm
1598cc ラセルタイエロー 4AT


アシ車として現代車を投入。ちゃんとエアコンが効いて、スタッドレスタイヤの交換も可能(笑)。
ちなみに、シエロとはイタリア語で「空」のこと。フランス車なのになぜイタリア語を使ったのかは不明ですが、その名の由来となった全面ガラスルーフはめちゃくちゃ気持ちいいです。
エンジンはBMWと共同開発したバルブトロニック、つまり現行ミニと同じ。シトロエンSM的なコーナリングランプも装備しています。

back interior



mini “ROVER Mini 1.3i”

車長3075mm×車幅1440mm×車高1330mm
1271cc チャコールブラック→ラメラメパープル 4MT


ついにセカンド・ミニ。しかも、96年製の本物クーパー。並行輸入車。 ブランドを楽しんだポールスミスと違って、今回はカスタムを楽しんでおります。
全塗装前の安上がりカスタムの様子は、下記ページでご覧ください。
<チャコの改造物語>
全塗装カスタムの様子は、下記ページでご覧ください。
<チャコの改造物語2>

back interior




〈 PAST 〉


カタログの写真ですが……(^^;;; “TOYOTA Corolla II SR”

車長3885mm×車幅1615mm×車高1385mm
1500cc ブラック&ゴールド 3AT


学生時代から足かけ7年乗っていた、マイカー1号。
スポーツパッケージというグレード。実家からの独立にあわせ、友人に売却。 写真がないかとネットで調べたが、84年製のトヨタ車両を扱っている中古車屋なし、オーナー車両も発見できず。嗚呼、文化消費国ニッポン。



くろすけ “VOLKSWAGEN Golf exzept”

車長4155mm×車幅1735mm×車高1455mm
1984cc ブラック 4AT


自前で購入した1台め。脚本屋で食えるようになったのと、確か何かのお祝い気分で手に入れた。
内装オール・レザー仕様の特別限定車。ベースは CLi ……だったと思う(笑)。
ちなみに、写真が残っていないので、これはネットから拝借した人様の exzept くん(笑)。

back interior cockpit



ミー坊 “MG midget1500”

車長3585mm×車幅1420mm×車高1235mm
1493cc ブリティッシュレーシンググリーン 4MT


中学時代、学習塾へ行く道々、近くの外車屋の店頭を飾っていたこの子にゾッコンだったのです。
一般的にミジェットのファンて、メッキバンパーにこだわるけど、私はメッキはNO。このブラックバンパーこそが、私にとってのミジェットなのです。
幸運にも、鎌倉のブルジョアさんが半ばコレクション的に持っていた子なので、25年前の車なのに、走行距離が3万kmちょっとだった。2008年3月、勇退。ありがとう。

back interior cockpit



ポスミ “Paul Smith MINI”

車長3075mm×車幅1440mm×車高1330mm
1271cc オールドイングリッシュホワイト 4MT


買い物&仕事用に手に入れた。
このサイズはいい。どこへでも行ける。狭い道でも楽勝だ。エンジンの非力感も私にゃ合ってた。
ちなみに、イギリス人デザイナーのポール・スミスによるデザイナーズモデル。他に青と黒がある。ベースは、メイフェア。
ミニはいずれまた乗りたいな。

back cockpit green laggage !



ガン太 “VOLKSWAGEN Golf GTI”

車長4155mm×車幅1735mm×車高1455mm
1780cc ブルーアンスラサイト 5MT


ミジェットのマニュアル感覚に慣れるや、調子に乗って exzept くんを手放して手に入れた。
でも、当時の私にゃパワーがありすぎた。扱いきれなくて、早々にサヨナラするハメに。

back cockpit



ミルクちゃん “AUTOBIANCHI A112 Abarth”

車長3268mm×車幅1480mm×車高1360mm
1050cc クリーム 5MT


実は MINI を手に入れる前に、こんな子もいた。
色もオリジナルのクリーム色に塗り替えたりして気合い充分だったのだけども、残念ながら整備不良車で、結局1週間しかウチにいなかった。
写真を見るのも切ないけども( ; _ ; )、歴史ということで。

cockpit



シトロさん “CITROEN Xm”

車長4710mm×車幅1795mm×車高1395mm
2963cc ワインメタリック 4AT


小さい車だとさすがに長距離が辛いので、思い切って手に入れた。
壊れまくるので有名な初代“XM”ではなく、不良部分を調整した2代目の“Xm”。
ハイドラクティブの油圧&ガスによるサスペンションが最高だった。

back cockpit



エイトさん “MAZDA RX-8”

車長4435mm×車幅1770mm×車高1340mm
----cc ファントムブルー 6MT


ご存じロータリーエンジン! 20年ぶりの国産車。
いや〜、楽しい車でした。シューンと伸びていく走りが気持ちよかった。
ちなみに、ボディカラーは2005年秋の新色。実際は写真よりずっと官能的でやんした(^o^)
引っ越しに伴い、駐車場事情からおわかれすることに。

back



もと銀さん “PORSCHE Boxster2.7”

車長4310mm×車幅1780mm×車高1290mm
2687cc リンデングリーン 5MT


ポルシェであります。7年オチのお値打ち中古で、エントリーモデルであったりはしますが、ポルシェです(^o^)
落ち着いた走りの2.7。色は、アーティックシルバーだったのを、ポルシェ好きにはおなじみ“RUF”のオリジナルカラー、リンデングリーンに塗り替えました。
ギタ友JUNTAのもとへ嫁入り。

銀さんの男気のある内蔵……いや、内装(笑)。 このコメツキバッタみたいなお尻が好き(^o^)



えっふぃ〜 “MGF Abingdon Limted Edition”

車長3910mm×車幅1640mm×車高1260mm
1800cc ブルックランズグリーン 5MT


身の丈を考えて選びました。写真だと綺麗ですが、結構傷あります、染みあります、ヤレてます。
でもね〜、呼ばれちゃったんすよねぇ、この子に。中古屋さんで会ったら、こちらをジ〜ッと見ていたという。
1年ほどうちにおりました。

やっぱり英国車はタンだね(^_^) お尻は少しふくよかさん(^o^)



309号 “PEUGEOT 309GTI”

車長4050mm×車幅1630mm×車高1380mm
1900cc マイアミブルー 4AT


今やほとんど見なくなった、205ベースのブサイクかわいい(笑)ノッチバックセダン。
状態はよさげながらほぼ不動だった車両を、ヤフオクにて6万で落札、プジョーショップ“GOSSE”にて全面的にレストア。吉井社長、お世話になりましたm(_ _)m
乗り心地は古き良きフランス車。しなやかでキビキビ走ります。ポスミに替わる日用車。
ボディカラーは309としては日本へ入ってこなかった本国仕様。お洒落なブルー。本当にいい車でした。

サルベージ@長野 機関やら足廻りやら積極的に直して…… 元色剥がして凹み直して…… 色塗って……



マヤさん “LANDROVER Freelander”

車長4380mm×車幅1810mm×車高1770mm
2490cc マヤゴールド マニュアル機能付きAT


初SUV。
さて、はたしてこのビッグサイズを乗りこなすことができるのか???
と不安だったのだけれど、運転してみたらさにあらず。大きいことは大きいんだけども、四角いおかげで左右の見切りはよく、車庫入れも難なし。さすがに後方の見切りはよろしくないけど、これはまあ、本格SUVゆえ仕方がないかな、と。
楽しい車でした。

front interior



るー太郎 “RENAULT Lutecia”

車長3770mm×車幅1640mm×車高1420mm
1590cc メチルブルー 3AT


実家事情でエアコンの効く小型車が必要になり、購入。
2代目ルーテシアのフェイズ1。クジラ顔がかわいい。
12年落ち、摺り傷あり、凹みあり。されどエンジンすこぶる好調なり。
乗り心地はさすが一世を風靡したフランス大衆車。動きキビキビ、シートしっとり。現行モデルにはない乗り味でした。素晴らしかったです。

back interior



9-3AERO “SAAB 9-3AERO”

車長4650mm×車幅1710mm×車高1475mm
1984cc シルバー 4AT


白夜の国の戦闘機。
ドッカンターボで、恐ろしく速い。
戦闘機と言いつつも、宇宙船的でもあるので、シルバーを選択。
セダンだけどもフランス車的なノッチバックで、ものすごくトランクが広い。
いろいろなところが自分に合っていて、歴代で一番好きな車だった。

back back back



306 “PEUGEOT 306 Style Premium”

車長4040mm×車幅1695mm×車高1400mm
1761cc ホワイト 5MT


物を運べる車が必要になり、急遽手に入れた。
年代の割に状態よく、乗り心地もフランス車らしくて最高だった。

back interior



Porsche 968 “PORSCHE 968”

車長4320mm×車幅1735mm×車高1275mm
2990cc アメジスト ティプトロニック


911ではないマニアックなポルシェ。
22年落ちで、外装内装には修繕が必要だったけれど、前オーナーがエンジンと足回りにはお金を掛けていたおかげで走りはGOOD。
なんと、大変に珍しい右ハンドル車です。

back back


last up date : 2016.12.13

 

波瀾万丈!「金巻兼一のきまぐれ日記」へJUMP!

 

継続って力かも!「金巻兼一の音楽活動」へJUMP!



ぎんがみ
↑オフィス:ぎんがみへ戻る↑



Counter